福井:カメラ探訪・越前和紙 奥深い伝統の技 « 和紙の瓦版

和紙の職人.com

和紙の職人.com 和紙の瓦版 全国の和紙処 和紙のイベントカレンダー 和紙のリンク集 和紙について ご挨拶 お問い合わせ 賛助会費について 和紙の伝言板
和紙の瓦版 ~全国の和紙に関するニュースやイベント、ブログ情報を紹介~

2012年6月8日

福井:カメラ探訪・越前和紙 奥深い伝統の技

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: — wanoshokunin @ 9:52 pm
  1. 福井:カメラ探訪・越前和紙 奥深い伝統の技
  2. 京都:唐門の屋根にあなたの名前を 二条城修復に新たな募金策

どのような職人仕事でも大切なのが道具。腕の良い職人さんがよく言う謙遜の言葉だといつも感じるのが「自分は腕が良くないから良い道具・材料を使っているんだ」との言葉。実際には物凄いこだわりを持ってひとつひとつの仕事をされている方々なのですが、その方の目に適う道具・材料を作っている人達もまた本物の職人さん。光が当たりがちの華々しい作業の場面の人達だけでなく、裏方とでも言えるそういった職人さんにももっと目を配りたいものですね。


福井:カメラ探訪・越前和紙 奥深い伝統の技

http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20120607ddlk17040641000c.html

◇質支える職人の心意気

 奈良・正倉院の古文書にも使われ、約1500年の歴史があるとされる越前和紙。高級和紙として知られ、産地、福井県越前市の五箇地区で、今も伝統の技を受け継ぐ職人たちが和紙作りを支えている。

 和紙作りに欠かせないのが数々の道具。原料を混ぜ合わせる木製の水槽「漉(す)き舟」や和紙を漉く「桁(けた)」などを作る指物(さしもの)師、吉田実さん(75)は、この道60年の大ベテラン。水に強い「ヒバ」の木を加工し、くぎを使わずにほぞ接ぎなどで組み立てる。「紙漉職人のクセに合わせて道具を作る」といい、この地区のほとんどの道具が吉田さんによるものだ。

 同地区の「卯立(うだつ)の工芸館」で、伝統工芸士の玉村藤雄さん(70)が紙を漉いていた。原料の楮(こうぞ)の皮を煮てほぐし、漉き舟で植物性の粘液「ネリ」と水に混ぜ、黙々と紙を漉く。完成品はほぼ0・2ミリの均等な厚さに仕上がる。経験のなせる技だ。

 和紙の裁断を生業(なりわい)とする紙裁ち職人もいる。中谷(なかたに)健二さん(57)は、畳大の和紙を何十枚も重ね、太い木製定規を当ててシュッ、シュッと特製の包丁で裁っていく。機械を使うより均等な大きさになるという。20分もすると四面がきれいに整い、半分に裁断されて書道用の和紙になった。

 玉村さんは言う。「伝統は奥深く、毎日が勉強。『これでいい』というものはありません」。そんな職人たちの心意気が、越前和紙の質を支えている。 (2012年06月07日)

※和紙を作る職人さん。それは和紙を漉く職人さんだけでなく、その道具作り、加工の部分まで目を配った記事。意外とそういったところにまで紹介が行かないことが多いのですが、目配りが聞いた記事だと感心。

【関連情報】 : 越前和紙|福井県和紙工業協同組合

京都:唐門の屋根にあなたの名前を 二条城修復に新たな募金策

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120608/kyt12060802080002-n1.htm

 ■檜皮に寄付者名入り和紙 挟み込みます 寄付3000円以上、先着200人

 世界遺産・二条城(京都市中京区)の改修費を募金でまかなう「一口城主」プランを実施している京都市は11日から約2カ月間、3千円以上の寄付をした先着200人限定で新たな特典を設ける。寄付者の名前入り和紙を、修復作業が行われている唐門(国の重要文化財)の檜皮(ひわだ)屋根に挟み込むという。

 市が1月から20年計画で始めた保存修理事業は慶長8(1603)年の開城以来、最大の規模。現在は二の丸御殿(国宝)の南に位置する唐門(重文)の檜皮屋根の葺(ふ)き替えや、唐門から続く築地塀(ついじべい)の修復工事を進めている。

 今回の特典は、3千円以上の寄付をした人が短冊仕様の和紙に筆ペンなどで名前を記入し、唐門屋根の修理に使う何枚もの檜皮の間へ挟み込むというもの。外からは檜皮に隠れて見えないが、市は「貴重な寄付が二条城の修復にいかされていることを実感してもらえれば」としている。

 財政難の市は、総工費の半分にあたる50億円を市民らの募金でまかなうことを計画。すでに1万円以上の寄付者の中から、抽選で1日限定の城主となる権利などをプレゼントする特典を始めているが、長引く不況などが影響し、5月末現在で募金は約5千万円にとどまっている。

 問い合わせは二条城事務所。 (2012.6.8 02:08)

※寺社の修復、特に銅板屋根の修復で名前を書き入れたりして寄付を募ることがありますが檜皮葺の屋根の修復で名前を書き入れる、特に挟み込むというアイデアは初めて聞きました。少し素材が変わることで耐水性など大丈夫なのかなという気もしますが、あの手この手でということなのでしょうね。

【関連情報】 : 世界遺産・二条城一口城主募金