石州和紙: 西田和紙工房 - 西田誠吉 ~人間の感覚は体でしか覚えられん部分があるんでしょうね~

人間の感覚は体でしか覚えられん部分があるんでしょうね (3/3)

社寺の修復関連の和紙を多く携わられている西田和紙工房さん。伝統的工法で地元で楮を育てるところから一貫して作られている日本でも数少ない和紙工房さんです。また、石見神楽の盛んな地域だけに、そこで使われる和紙の話もお聞きしました。  (取材日:平成23年2月23日)

島根は神社にしても、手漉きを使うという伝統が残っていますね。

石州の一番の得意としているのは、やはり書道のものが昔から強かったんですか?

どうなんですかね。僕ら昔は一番何に使われていたかというと書というよりは、記録用紙とかあと大福帳関係とか、下張りとか障子紙。どっちかと言うたら傘の紙とか、提灯のとか。ああいった張り物の紙が多かったんでしょうかね。書道用として漉いていたとは中々思えないんですよ。

どちらかというと、

生活必需品というか、そういう伝統工芸の材料。障子、提灯、傘、あといろいろ張り物とか、お祭りの関係のものとか。それと襖の下張りとか。そういうものだったと思いますよ。

書道みたいな形で、そっちの方向で洗練されたものではなくて、むしろ日常的にいろいろな形で使われるものとして。

そうそう。だからそういった面で書の関係もありはしたんだと思うけど、どっちかと言ったら日常的なものの方が恐らく石州半紙は多かったんだと思いますね。

もともとは、そっちだったと。

近年になって色々と書に使ったり、表に出るようになったんだと思うんですよね。色んな長尺物ができてきたり、大きな紙が漉けるようになったり。最初は四つ判とかそんな感じで小さい道具だったんで。それが二三判になり、八つ判になり、ひいては三六判まで漉けるようになったらいろんな用途が出てきて、中には書を書かれる方や絵を書く人も出てきたんだと思います。

いま西田さんが作られている和紙はどういった用途が多いのですか?

僕の用途はほとんどが表具の関係の仕事で、文化財関係の修復用紙というのがほとんど、6割りぐらい。あとは、もちろん版画の紙とかもあるし書道家もいらっしゃいますけれど、主はそうですね。表具とそういう文化財の関係。あとは地元のお祭り関係。神楽の関係の。いろんなお面を作ったり、石見神楽のそういうものですね。

石見神楽のお面だけじゃなくて、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)とかの。

お面から大蛇とか衣装とかね。上から吊るす装飾品もそうですから。

あれはドコドンドコドンでものすごい賑やかですものね。

そうそう。このあたりは盛んなところですから。この石見郡だけでも100以上の社中があるわけですよ。

そんなにあるんですか?

それに携わっている道具を作る方とか、お面を作る方も結構いらっしゃるし、衣装屋さんも何軒もあるんですよ。それを広島近辺の県境よりの山沿いに行っても神楽が盛んなんで。そういう意味ではそういうところでの紙の需要は結構ありますよ。

石見神楽が集まるイベントのときとかは、八岐大蛇が20体ぐらい集まってグルングルン回っているんですよね。すごいなぁと思って(笑)

まぁ本当、そういうイベントも増えているし。昔は年に一回か二回のお祭りに出よったんですけど、いまは毎週どこかでやっていますよね。

観光客目当てで。

うん。観光客用にとか。極端に言うと毎週どこかでやってます(笑)

ある意味ではありがたいですよね。やっぱり動いていると壊れたり補修しなければいけない。

そうですね。それだけ舞う頻度が上がれば道具も傷むから、紙も要りますよね。しっかりやってくださいというところですけれど(笑)

やっぱり神楽用の紙っていつもとつくりが違うものなのですか?

まぁ、大蛇なんか作るのは特別にやっぱりそこの作り手と作家さんと一緒になって紙の強度を出すためにとか、どういう風な上がりにしたら一番色も出たり、貼ったときに強さとか厚みとかね。それは長年やっぱりお互いにやってきて、いまそれ用の紙ができてきてますよね。

石州和紙: 西田誠吉

やっぱり強度が重視される。

一番は強度でしょうね。

先ほど仰っていた表具用の紙と全く方向性が違う。

そうそう。全く違う方向性で強さがあれば良いんでチリがあっても良いし、楮もそぞろなくても良いし。そういうのでは僕らにとってはありがたい紙なんですよ。良いちゃんとした、そんな文化財の紙を漉いた残りとか、あとたぐったあととか。それに使えないような大きいのとか、小さいB級品の原料もありますよね。そういうものをみんなそれに使えるので無駄がないんで。

それは大きいですね。

それは大きいですね。やっぱり紙漉き屋さんにとって、売り上げにとっては一番大きいです。そういう屑ものの整理をどこでどういう風にするのかというのが、結局自分のところの一年間の売り上げというかバランスもそれに掛かってくるんで。全部高い紙ばっかりが占めるわけじゃないですから。必ずそういう副産物がちゃんと一緒に回るというのが理想的ですよね。

そうですよね。

そういう意味では捨てるところがないように全部が回っていけば、まぁなんとか食えるかもしれないですけどね(笑)それがやっぱり、紙をやって行こうと思ったら、その辺のことも、、、全体を考えてやっていかなければ行けないのだろうと思いますけどね。

石州和紙さんの場合は、バックボーンが神楽もかなり影響しているんですね。

ありますね。神楽とか、島根はね神話の国て言うでしょ。神様の信仰が厚いところなんで。神社とかそういうところの催し物も多いんですよ。出雲からず~っと。毎月なんかそういうお祭りというかあるんですよね。いまだに。そういう時は必ずやっぱり紙を使います。

紙垂(しで) もそうですし、お払いをする道具もやっぱり紙を使いますもんね。

やっぱり紙垂とかは、それだけチリを綺麗に取っていかなきゃいけない。

そう です。その点やっぱり機械漉きよりは手漉きの方がありがたみがあるというか。そういうように感じてもらっているから。神社にしても、機械漉きも安くてあるんですけど、この部分は手漉きを使うという伝統が残っていますね。

やっぱり地元の人たちがそういったことについてのきちんとした理解ができている。

そうそう。ある程度そういう文化が残っていて、やっぱりそれで支えていくという風土というのがまだありますよね。この辺は。

全国的に見ても、各県何軒か残っていたりというところで言うと、一軒しか残っていないところとか多いのに、島根は結構数が残っていますよね。

まだ7~8軒ありますからね。

それも7~8軒だけじゃなくて、地域ごとに何軒かまたあって。

そうそう。村興しで始まったところとか、施設があったりのがありますからね。

やっぱり石見神楽はそういった面で言うとかなり需要を喚起しているんですね。

いやぁ、それは結構大きいことだと思いますよ。やっぱり各地いろんな産地を見ても、お祭りがあるところには必ず和紙が残っていますよね。そういう意味ではやっぱり、そういう民俗芸能とこんな古い手仕事というのは繋がりが深いですよね、今でもまだ。段々減ってきていますけど。そういう意味では、そういうものも大事にしていたら、、、。それは量的にはボンボン出るものじゃないですけどちゃんとした支え、ベースにはなりますよね。