和紙販売:紙匠 雅(東京・立川) ~一家に1枚じゃないけど、色んな使い方があるんだから~

一家に1枚じゃないけど、色んな使い方があるんだから~ (3/3)

立川で小口の和紙職人さんの紙も多数販売されている“紙匠 雅”さん。これだけバリエーションを取り揃えているお店は東京でも稀です。毎月、紙漉き体験などのイベントを開催されています。  (取材日:平成22年12月14日)

うちは一家で一枚だけでも良いから使って欲しいなって考え。

話は変わりますけど、こういった障子はいつぐらいからやっているんですか?

障子はつい最近。これはある山梨の紙屋さんが障子を貼っていた。その障子も全部違う種類のものを張っていたわけ。それを見て良いなぁと思ったので、絶対障子をどっかで探そうと思って、解体屋や知り合いに頼んでたまたまこれ見つかったんですよ。お客さんの紹介でね。そうしたら張っておこうと。だったら紙見本と兼ねて。それでこんな新しい障子の張り方もあるよって。そうしてやったら結構通る人が足を留めるようになったね(笑)

留めたところでちょっと中に入ってみようかと。

入る人、入らない人いるけど、この紙くださいて言う人は何人か現実にいるから。そうするとその人がどう使うの。うちで障子紙として使うのか。

でもデザインをいろいろと楽しむっていうのが一番だよね。

カラフルに彩られた和紙障子

これだけ雅さんみたいに種類を揃えているところって全国的にも珍しいですよね。有名どころを集めて、種類をたくさん置いてあるのは多いんですけれど小口の職人さんで、その地域を代表する職人さんではない人たちのところまで手がけているというのは。

それはね、われわれみたいな新参者が行くには大きいところだったら軽くあしらわれちゃうのかなぁと思って。ちゃんとした有名な人もいますよ。有名なところもちゃんと置いておかないとというのもあったからね。

でも、それよりも自分が気楽に話せる人が良いかなぁって。だけどなかなか難しいよね。

最近だとどういったものが売れるとか傾向はあるんですか?

最近ははやり廃りの流れが速いよね。好みっていうの。それを敏感に知っていかなくちゃならないんだけれど、このごろ頭が半分詰まっちゃって(笑)アイデアとヒラメキがちょっと落ちているから。

いまひとつ切れが足りない。

切れが足りないねぇ(笑)他所は見ない主義だから。

他のところを見すぎて、目移りしすぎてしまうのも問題ですからね。

そうですねぇ。最初の頃は勉強に見て回ったけれどね。このごろはちょっと鎖国状態だからね。本当に(笑)

お客さんが黒船状態なんですね。新しい意見を言ってくれたりとか(笑)

そういうのもあるけどやっぱり控えめですよ。このごろの人は。

そうですか。

前の自分が知らない頃はボンボンとやれたけれどね。その頃は素直ではなかったから、知らないものは知らないって言えなくって(笑)でも言った以上は悔しいからね。勉強したんだけれど勉強が追いつかなかったときもあったりね。

うちは高望みしないから一家で一枚だけでも良いから使って欲しいなって考え。紙をね。

それが一枚だけでも使うことで、それがきっかけとなることで触れることで少しずつ広がっていく。

そうですね。だから障子がある場合は、障子が破れたけどどういうものが良いですかってくる場合は、思い切って全部切っちゃえと。そこに違うものを張ってみたらどうって。やった人が友達に。ちょぼちょぼだけそういう人が増えてきているんで。その人たちらが今後どうなのかっていうのが楽しみですよね。


和紙の温かみ 色んな使い方があるんだから。

雅さんからするとやっぱりお客さんの層というのは。色々なお店がありますけれど特徴というのはあるじゃないですか。雅さんなんかだったら書家さん、書道をやっている方にもともと強さがあったんでしょうし、他のところはインテリアっぽい新しいものが得意であったりとか。そういった面で言うと開店した当初から書道関係が強かったということなのですか。

そうですよね。書道やっていて、書道では半紙とか画仙紙とかがあるけど、それに飽きてきたときに何か面白い紙で書いてみたいなていう時にパッと手に取ってみて「あっ、この紙に書いてみたい」って。必ずこういう紙に、綺麗な紙に何でも良いから書いて遊んでみてくださいっていうことは言っているわけ。

滲みとかもこういう風に違いますよー、って。

そうですね。和紙というと高いてイメージがあって1枚書いて失敗したら怖いって言う人がいる。だから書く人に失敗というのは絶対にないからって言うの。和紙ほど書き良い紙はないと。ただ滲みなどを出すときにちょっと困るかもしれんから、もう思いっきり。和紙に書くのは度胸だよと。

まずは書いてみるということ。

書いてみるということ。そうすると意外と書けたっていう人が多いんですよ。

最近だとこういった和紙を使って書く、例えば洋画系統の人とかも増えてきているんですか?

それはあんまり。あまりうちのことを知らないんじゃないかな。油絵を和紙に書くと凄く良いんですよ。

それはやっぱりドーサとかを掛けたうえでってことですか?それとも何もせずに?

何もせずに。何もしなくても油絵をやっている方がいたのね。その人の絵、どこかに仕舞い込んじゃっているんだけれど、それを見たときに「ああ、和紙に書くと良いな」と。

雰囲気がまた独特の魅力が出てきて。

そうですよね。そういうことあるんだからみんなね、食べないで嫌いだなんて言うんじゃなくてまず1回やってみるというのがやっぱりね。色んなことを考えてもね、やっぱり決して高くないと思うよね。

だって裏打ちしなくて良いんだし。さっき言ったように天地を挟んで飾れば、もう立派な掛け軸のようなものですからね。

ああ、そうですよね。

それにしてもこれだけ揃っているのが凄いなぁと思うのですけれど。いつぐらいから小口の梳き手さんのものが揃い始めることになったのですか?

少しずつやってね。例えば御一人の方と交渉すれば、最低10種類ぐらいは作っていますからね。それを集めていって、それを段々とやっていって。それで飾る場所がなくなって、それで天井に(笑)

天井に飾っていることでうちは冷暖房を使えないんですよ。

店内の商品展示

(笑)

前はね冷房のとき、暖房のときは全部降ろしてたの。降ろしてどこに置くかって考えたら、もうお客さん我慢してくださいよって。

暑いときは暑いですよ。寒いときは寒いですよって。

寒いときはみんな着ているから良いのだけれど、夏場はね。「ちょっと、外へ…。」て言ったっきり戻ってこなかったりね(笑)

だけど天井にあって触れるって。最初は触られることにものすごく抵抗感があったですよね。でもお客さんが良いよって反応が良くて、この手で行こうと。ヒントは最初のときにあったのだけれどね。ハンガーに吊るすって。

三次元を有効に活かしているってやつですよね。

そうなんだけれどね。ただ、あんまり詰めすぎると隣が見えないから。

そこの按配はちゃんと。

天井の目立つところはやっぱり売れ筋というか季節のものというかね。そういうのを持ってきたり。これでも少しは移動しているんですよ。

そうなんですね。

季節ごとに少しずつ変えている。創作的な見せる紙というのも必要なんだよね。あとはお客さんがいかに目に付けて買ってもらうのが一番なんだけれど。

まぁ、キレイな紙があったていうのが外に出てから、こうね。口コミになってもらいたいなぁと。

そうすると和紙の温かみが伝わってね、誰かに。本当に一家に1枚じゃないけど、色んな使い方があるんだからね。使ってもらいたいと思ってますよね。


和紙販売 : 紙匠 雅 (東京・立川市)
http://www.youtube.com/embed/LFAoc2zRYSM

和紙販売 : 紙匠 雅 (東京・立川市)
〒190-0023
東京都立川市柴崎町2丁目2-19 カトービル 1F
Tel: 042-548-1388
HP: http://www.kamisho-miyabi.jp/