12月 « 2010 « 和紙の瓦版

和紙の職人.com

和紙の職人.com 和紙の瓦版 全国の和紙処 和紙のイベントカレンダー 和紙のリンク集 和紙について ご挨拶 お問い合わせ 賛助会費について 和紙の伝言板
和紙の瓦版 ~全国の和紙に関するニュースやイベント、ブログ情報を紹介~

2010年12月28日

今年はどうもありがとうございました。

カテゴリー: 和紙ニュース — @ 11:23 pm

今年の更新は今日でおしまいです。年明けの更新は1月4日(火)からです。寒気の厳しい年の瀬となりますが皆様良いお年となりますよう。

2010年12月27日

コウゾ:皮はぎに苦戦 高校生ら体験 浜田・石州和紙会館

カテゴリー: 和紙ニュース — @ 2:34 pm
  1. 島根: コウゾ:皮はぎに苦戦 高校生ら体験 浜田・石州和紙会館
  2. 滋賀: 書のパフォーマンス:書“動” 伊吹高生が披露

世界遺産に指定されている石州和紙。これまで関連動画を紹介してきていましたが、ユネスコ自身で非常にしっかりとした動画を配信していました。お勧めの動画ですので一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


Read more »

2010年12月26日

北野天満宮にウサギの巨大絵馬登場

カテゴリー: 和紙ニュース — @ 2:52 pm
  1. 京都: 飛躍の年に… 北野天満宮にウサギの巨大絵馬登場
  2. 福岡: 五右衛門、泥棒来ないで 逆さまの札に御利益 嘉穂劇場

クリスマスも終わり今年も一週間を切りました。年の瀬の仕事納めで明日・あさっては慌しいところです。そのことから和紙関連のニュースも新年の縁起物ばかり。今年もあとわずかですが、皆さんあと何日か仕事をきちんとやらないといけませんね。


Read more »

2010年12月25日

癒やしの心 料理と共に「まるごと高知」

カテゴリー: 和紙ニュース — @ 11:31 am
  1. 高知: 癒やしの心 料理と共に「まるごと高知」
  2. アニメ「モノノ怪+怪 化猫」がBlu-ray BOX化
  3. 埼玉: 元日の大凧揚げ 50畳敷きに挑戦 寄居
  4. 島根: 浜田市中央図書館 蔵書10万冊13年開館目標

東京にいたときに各地のアンテナショップめぐりを楽しみにしていたことがありますか。やはり、元気があるアンテナショップは沖縄と北海道がダントツ。続いて最近では、宮崎が続くといったところ。その三県に他県はだいぶ引き離されていますが、高知はかなり頑張っている方なのではという気がします。しかし残念なのは、土佐和紙はほとんど光が当てられていないところ。県全体では他にアピールポイントたくさんがあるからというところなのでしょう。


Read more »

2010年12月24日

恐竜の水墨画が県庁ホールに MAGOさん制作

カテゴリー: 和紙ニュース — @ 8:35 am
  1. 福井: 恐竜の水墨画が県庁ホールに MAGOさん制作
  2. 岩手: 和紙でえと、優しい造形 宮古で作品展

産地PRをするために重要なのがデザイン。そのデザイナーと繋がるのに皆さん苦慮しているようです。越前、というよりも福井県では紹介したMAGOさんを押している模様。各地、その地域出身で活躍しているデザイナーさんは意外といるもの。やはり、その地で育った方と手を結ぶことでより良いデザインができる部分はあるのかと思います。


Read more »

2010年12月23日

東京: 幻想的な風景…光の祭典が開幕

カテゴリー: 和紙ニュース — @ 12:36 pm
  1. 東京: 幻想的な風景…光の祭典が開幕
  2. 岐阜: 明かり見つめ今年回想 長良川・こよみのよぶね
  3. 長野: 青野恭典さんの写真展「日本の自然~水がはぐくむ列島~」
  4. 富山: 手漉き和紙の鯉のぼりと撥水・防汚加工を施した雑貨商品の製造・販売【桂樹舎】

昨日は当時、今日が天皇誕生日、明日がクリスマスイブということで和紙を使った灯り展が各地で開催されています。各地で様々な取り組みをすることで掘り起こしになっているのは良いのですが、他の地域とどのように違うのか。その独自性がこれからどのように打ち出していくことができるのか。そこが一番問われてくるような気がします。されど、言うは易く行うは難し。


Read more »

2010年12月22日

「和傘の里」8ミリ映像に刻まれた技

カテゴリー: 和紙ニュース — @ 7:57 am
  1. 徳島: 「和傘の里」8ミリ映像に刻まれた技
  2. 富山: 五箇山和紙で干支の置物作り
  3. 岩手: 思わず笑顔、六原張り子 金ケ崎の沢藤さん製作
  4. 大分: 滑り止めの砂、受験生に御利益あれ 中津駅のお守り好評

いつも思うことなのですが、各博物館などが所有している記録動画。もっとネット上に流しても良いような気がします。実際のところ、博物館などでの上映と別の承諾を得ることとなるので、その手間が大変なのは分かりますが、もっと紹介されて良い気がします。それと共に、自分自身のサーバーにその動画を上げているところも。これはこれで問題。技術的に自前のサーバーに動画を置くことの弊害のほうが一般的には大きいです。普通にYoutubeなどにアップしたほうがアクセスしやすい気もするのですが……。皆さんそれぞれの考え方があるのだな、不思議な対応をするものだなと逆に感心することも。


Read more »

2010年12月21日

山口: 小野紙すき活動協、和紙の伝統受け継ぐ

カテゴリー: 和紙ニュース — @ 2:47 pm
  1. 岐阜: あす「こよみのよぶね」長良橋上流 行灯作りで広がる交流
  2. 高知: イヌイット版画家と土佐和紙職人一家
  3. 山口: 小野紙すき活動協、和紙の伝統受け継ぐ
  4. 青森: 「E5系」ねぶた人形デビュー

各地で卒業証書を自分で漉く体験が広まっていますが、山口の小野中学校では楮の栽培だけでなく、楮を実際に蒸して皮むきまで一年をかけて全部体験しているそうです。そして最近では、トロロアオイの栽培まで!!思わず、大盛り料理の「全部のせ」を思い浮かべましたが、学校の方に非常にしっかりとした方がいるのでしょうね。素晴らしいです。


Read more »

2010年12月20日

水引:ぽち袋作り体験、観光客ら楽しむ 松山

カテゴリー: 和紙ニュース — @ 11:17 am
  1. 愛媛: 水引:ぽち袋作り体験、観光客ら楽しむ 松山
  2. 兵庫: B-1グランプリ:PRの大だこ展示 姫路市

各地で開催される地元ならではのイベント。そのイベントが単発で終わらないため鍵となるのは、観光に来る方たちが何らかの形で「手」で作る過程を入れることなのかとも思います。和紙漉き体験は各地で盛んですが、それにプラスして何か地元ならではのものとつなぐ作業。それが一番これから重視されるべきものなのかもしれません。


Read more »

2010年12月19日

青銅器 2度目の大規模修理 青銅器の「実力」を後世に

カテゴリー: 和紙ニュース — @ 11:41 am
  1. 福島: コウゾの皮剥ぎ、伝統の和紙作り始まる 二本松
  2. 島根: 2度目の大規模修理 青銅器の「実力」を後世に
  3. 兵庫: キャンドルナイト:長き夜、光の街散歩
  4. 愛媛: カレンダー作り:子供やお年寄り38人、自分で和紙すき
  5. 新潟: 純米吟醸「五十六」誕生 山古志産米使い ラベルは加山さん

和紙の特性が生かされる分野のひとつとして「修復」があげられます。その修復には、海外などばかりイメージしていたのですが、意外なことに青銅器の復元・保存にも非常に有益なものとなっているとのこと。紹介されている島根県立古代出雲歴史博物館にも行ったことがありますが出土した銅剣・銅鐸のおびただしい数に驚きましたその出土品も、実は和紙の保存技術を駆使したものだったとのことです。


Read more »
古い投稿 »