5月 « 2012 « 和紙の瓦版

和紙の職人.com

和紙の職人.com 和紙の瓦版 全国の和紙処 和紙のイベントカレンダー 和紙のリンク集 和紙について ご挨拶 お問い合わせ 賛助会費について 和紙の伝言板
和紙の瓦版 ~全国の和紙に関するニュースやイベント、ブログ情報を紹介~

2012年5月29日

愛媛:愛媛再発見を デザイナーが公開制作

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , — wanoshokunin @ 11:59 pm
  1. 愛媛:愛媛再発見を デザイナーが公開制作
  2. 長野:大町の農具川、1万株アヤメ見頃に ツツジ染め和紙なども販売

日本の美術工芸作品。今では伝統工芸として継承されてきていますが、その発端となったのは、その時代時代の「目」を持った諸侯がデザインと技術を融合していった結果と言っても良いかと思います。今はどうしてもその「目」を持った旦那衆、パトロンがいなくなった側面は否定できませんが伝統工芸とデザインとの交流はこれからより一層意識されて良い分野である気がします。


Read more »

2012年5月28日

愛知:名古屋友禅型染 和紙や人形衣装にも 渡辺芳治さん

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , — wanoshokunin @ 9:27 pm
  1. 愛知:名古屋友禅型染 和紙や人形衣装にも 渡辺芳治さん
  2. 岐阜:進化する透かしの紙を現代に活かす3120 ウォーターマーク シリーズ

今日までは終日晴天のところがあったようですが、週間天気予報を見ると初夏の終日晴天はそろそろ終わって晴れ時々曇りのところが多くなっています。もう5月も末ですのでそろそろ入梅の気配といったところでしょうか。季節の移ろいは見ていて美しいものですが、これからはしばらくは田んぼに水紋が広がる様子を見ることが楽しめそう。


Read more »

2012年5月26日

岐阜:節電の夏に水うちわ 今年は多めの800本

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , — wanoshokunin @ 9:52 pm
  1. 岐阜:節電の夏に水うちわ 岐阜市で生産、今年は多めの800本
  2. 佐賀:手織り佐賀錦後継者育成へ 体験会に40人
  3. 高知:土佐和紙インストラクター養成講座

そろそろジンワリと初夏の暑さに汗が流れ始める時期。今年の夏は西日本は平年並みか平年より暑いとのこと。個人的には夏は夏らしく冬は冬らしくと言ってはいるものの、湿度の高い暑さは苦手。特に関西圏は毎年湿度の高い暑さが続くので今年も大変そう。そう考えるとエコグッズは沢山売れる見込みはあるのでしょうね。


Read more »

2012年5月25日

鳥取:繊細なタッチで魅了 鳥取で毛利さん作品展

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , , , — wanoshokunin @ 11:03 pm
  1. 鳥取:繊細なタッチで魅了 鳥取で毛利さん作品展
  2. 福井:清涼感ある和紙でうちわ作り 越前市で生産本格化
  3. 永島敏行が『HESOMORI』で幕末の志士から感銘を受ける
  4. 岐阜:2012公募第25回全国和紙画展 作品募集

日本古来のものの考え方に産土(うぶすな)というものがあります。全国を回っているとその土地ごとに独自の気候、特に日の当たり方の角度の違いによる色合いの違いがあることを強く感じます。その土地ならではの環境にいることでそこに住んでいる人たちの性格も環境から移され・写されて来ているのでしょう。そう見ていくと産土の元はその土地の気候から。四季折々の光の加減や匂い。幼少期のその体験が産土の元となっているのでしょう。


Read more »

2012年5月22日

広島:和紙ちぎり絵教室に23人参加

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , — wanoshokunin @ 9:28 pm
  1. 広島:和紙ちぎり絵教室に23人参加
  2. 東京:日本橋高島屋 越前和紙 美と芸術展
  3. 大阪:第33回「全国和紙展」5/31~6/6 大阪・上本町 近鉄百貨店にて

東京日本橋の高島屋で開催された越前和紙の展示。今回も非常に評判が良かったようです。今回、この展示に私はどうしても行くタイミングが作れなくて残念だったのですが、場所を変えて新宿の高島屋などでの展示など。それ以外の場所での展示に繋がると良いなと期待。関係者の方、お疲れ様でした。


Read more »

2012年5月21日

富山:五箇山和紙の原料守る 南砺で生産組合、畑に電気柵設置

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , — wanoshokunin @ 9:44 pm
  1. 富山:五箇山和紙の原料守る 南砺で生産組合、畑に電気柵設置
  2. 高知:文化財保存、初心胸に…読売あをによし賞表彰式
  3. 広島:和紙の町 大竹市で 和紙の手描き鯉のぼりが展示中

楮を蒸すときにサツマイモを一緒に蒸すとイモの甘みと一緒に楮の甘い香りが乗ることで実に美味な蒸かしイモに。それだけ楮は食欲をそそるものなのかもしれません。実際、楮の新芽のてんぷら。これは美味しいと聞いたことも。それだけに楮に被害を及ぼすシカ。シカにとっても楮は特別な食べ物なのでしょう。


Read more »

2012年5月19日

福井:越前和紙の継承に情熱 人間国宝・岩野さん講義

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , — wanoshokunin @ 11:56 pm
  1. 福井:越前和紙の継承に情熱 人間国宝・岩野さん講義
  2. 島根:古代出雲、レトロっぽく 松江でピンホールカメラ写真展
  3. 東京:「越前和紙 美と芸術の世界展」
  4. 三重:職人さんの仕事 人間国宝9代目岩野市兵衛と長勝鋸(長津勝一)

今日は内容的に「九代目岩野市兵衛さん特集!!」みたいになりました。まだまだ精力的に和紙の魅力を幅広く多くの方々に伝えている姿勢には頭が下がります。


Read more »

2012年5月17日

大建工業、「和紙畳おもて」の設備を新設

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , — wanoshokunin @ 10:56 pm
  1. 大建工業、「和紙畳おもて」の設備を新設
  2. 広島:夏を涼しく…和紙素材で洋服

東大寺のお水取りのときに着用されるのが白石和紙による紙布。紙布を着用するのは殺傷を禁じるため蚕による絹さえも禁じるという背景があるとのこと。しかし、冬に暖かく夏に涼しい。それでいて軽い。この紙布の特徴。夏の暑さ対策に注目が集まるこれから、かなり注目が集まりそうな気もします。


Read more »

2012年5月15日

東京:「越前和紙 美と芸術の世界」展

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , — wanoshokunin @ 9:14 pm
  1. 東京:「越前和紙 美と芸術の世界」展
  2. グラフィックデザイナーが今後に生かしたい、印刷や加工ではない和紙の表現技法
  3. 岐阜:「和紙に込めた光たち」 想いの和紙

洋紙と比べて和紙の弱点のひとつと言えるのが大量生産に対応しきれずコストがかかってしまうところ。確かにそれは弱点ではありますが、光の当て方を変えてみると弱点は長所であることもあります。細かな技法を駆使して柔軟に対応することができる。製作の中でコストをあまりかけずにサンプル作成ができる。このことはデザイナの方にとっては非常に使いやすい素材なのかなと思います。もっとそういったラインからも和紙のPRは考えていくべきところはあるのかも。


Read more »

2012年5月14日

鳥取:因州和紙版画四季の彩り

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , — wanoshokunin @ 10:10 pm
  1. 鳥取:因州和紙版画四季の彩り
  2. 岐阜:「和紙に込めた光たち」 美濃の和菓子
  3. 高知:若山楮 今年から「もう最期のてこ入れ」的な態勢で始まった

岐阜の美濃市で開催されている展覧会「和紙に込めた光たち」。物凄く評判良いです。そこで出品されている倉美紀さんのブログでひとつひとつの作品の背景を物語っています。非常に良い記事ですので是非ご覧ください。


Read more »
古い投稿 »