4月 « 2013 « 和紙の瓦版

和紙の職人.com

和紙の職人.com 和紙の瓦版 全国の和紙処 和紙のイベントカレンダー 和紙のリンク集 和紙について ご挨拶 お問い合わせ 賛助会費について 和紙の伝言板
和紙の瓦版 ~全国の和紙に関するニュースやイベント、ブログ情報を紹介~

2013年4月10日

山形:ひな流し「紙びな」に願い込め 5000体ゆらゆらと

カテゴリー: 和紙ニュース — wanoshokunin @ 11:28 pm
  1. 山形:ひな流し「紙びな」に願い込め 5000体ゆらゆらと
  2. 京都:彬子さま、和紙の梅奉献 北野天満宮
  3. 岐阜:源氏物語伊勢型紙で表現
  4. 京都:京の美意識 紙で発信 左京に専門店 「可能性広げたい」
  5. 岐阜:美濃市と伊・アマルフィ市来月、協定締結
  6. 岐阜:美濃和紙ドレス華やか 岐阜市でファッションショー
  7. 岐阜:和紙の里彩る黄色 美濃市でミツマタ見ごろ
  8. 島根:和紙職人の派遣に期待 浜田で紙作り学んだブータン父子歓喜

着物の柄や模様を染めるために使われる伊勢型紙。染物の型紙としてのイメージが広がっていて昨今の様々な「表現」に繋がっているのだと思います。実はこういった型紙。もうひとつ織物の現場と関わっているものがあります。それは織物の織り込まれた柄を出すために使われる紋紙。織物の柄はある意味、「ゼロorイチ」のデジタル的な組み合わせて出来ています。そのため、糸を「通すかor通さないか」、具体的に言うと織機の途中に型紙を挟んで、その型紙に穴が「開いているかorいないか」で柄を出していくものとなっています。そのまま、染め物の型紙として使われる伊勢型紙などの話を聞くと、ほとんど忘れ去られているもうひとつの型紙の使い方の紋紙。一見簡単そうに見える柄が織り込まれた織物。実は、物凄い技術の結果だったのは知っておいて良いかも。


Read more »

2013年4月2日

ユネスコ無形文化遺産に「和紙」推薦

カテゴリー: 和紙ニュース — wanoshokunin @ 10:32 pm
  1. ユネスコ無形文化遺産に「和紙」推薦
  2. 特産の石州和紙で絵本 島根県立大のサークル制作

しばらくお休みしていましたが、ニュースブログ再開です。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


Read more »