和紙1000種、海外美術界で好評 「總鑑」ルーブルなど購入 « 和紙の瓦版

和紙の職人.com

和紙の職人.com 和紙の瓦版 全国の和紙処 和紙のイベントカレンダー 和紙のリンク集 和紙について ご挨拶 お問い合わせ 賛助会費について 和紙の伝言板
和紙の瓦版 ~全国の和紙に関するニュースやイベント、ブログ情報を紹介~

2012年6月5日

和紙1000種、海外美術界で好評 「總鑑」ルーブルなど購入

カテゴリー: 和紙ニュース — wanoshokunin @ 10:26 pm
  1. 和紙1000種、海外美術界で好評 「總鑑」ルーブルなど購入
  2. 埼玉:奥秩父で山開き 和紙の切幣まき登山の安全祈る

昨年、出版された『和紙總鑑』。ルーブル美術館などが購入したとのこと。このニュースを見て「ルーブルは購入したんだな」と。

以前、私は南インド関連の情報を紹介する仕事をしていたのですが、そのときに感嘆したのがフランスは“良くも悪くも”文化に対しての理解は前向きであるということ。最終的には文化の帝国主義で「私たちが一番。だけどあなたたちの文化も尊重しますよ」との傲慢なスタンスが基本なのですが、研究においてはかなりフラットな視点を持つ素養は持っていると言って良いのかと思います。ここでは詳しく触れませんが、この『和紙總鑑』。翻訳が一番大変な作業であったと聞いています。その翻訳の部分も含め「フランスの」ルーブル美術館が購入したというのは、色々の見方ができて興味深いです。


和紙1000種、海外美術界で好評 「總鑑」ルーブルなど購入

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20120604000048

 全国各地の和紙約1千種類を収録した「2000年紀和紙總(そう)鑑」が、欧米で高い評価を受けている。フランスのルーブル美術館など海外の美術館や博物館が相次ぎ購入しており、来春には英国で展覧会も決まった。関係者は「和紙の良さを世界が認めてくれている」と喜んでいる。

 和紙總鑑は、京都や滋賀、福井の和紙業者らでつくる「2000年紀和紙委員会」(石川満夫実行委員長)が、西暦2000年を機に、全国の和紙を後世に伝えようと各地の和紙産地や業者に呼び掛け、12年間かけて編集し、昨年6月に800部限定で発刊した。

 越前和紙(福井県)や美濃和紙(岐阜県)など国内の主要産地、兵庫県西宮市の谷野武信さんら人間国宝3人が手掛けた手すき和紙、京唐紙や友禅模様紙、江戸千代紙など和紙に色を着けたり模様を入れたりした加工紙など41都道府県84産地の和紙の見本をとじ込んだ。

 海外での販売は今年から本格的に開始し、世界各国の主要な美術館や博物館、図書館など150カ所に案内状を送付した。12巻セットで35万円と高額だが、1枚ずつ英語の解説がついていることもあり、ルーブル美術館をはじめ、英国の大英図書館やドイツの国立図書館、米国の議会図書館など15カ所から購入や申し込みがあったという。

 また、来年3月12日~4月20日に英国ノリッジ大アートカレッジで展覧会も開催することが決まった。収録されている和紙の全紙(縦約90センチ、横約60センチ)を展示。英国のヴィクトリア&アルバート美術館に所蔵されている江戸末期から明治初期かけての和紙「パークスコレクション」も合わせて出品される。

 和紙委員会の上村芳蔵運営顧問は「パリ万博に和紙が出品された時と同じように、世界から和紙が素晴らしいと評価された。手漉き和紙業者は年々減っているが、和紙が世界に広まるよう頑張りたい」としている。 (2012年06月04日 15時00分)

※『和紙總鑑』。英語で翻訳が載っていることで海外への販売がかなり有効なことになっているようですね。非常に貴重な資料ですのでもっと幅広く購入者が増えるよう、応援したいところです。

【関連情報】 : 手漉き和紙、和紙総鑑、製紙などの基礎知識|楽紙舘

日本の心 -2000年紀- 『和紙總鑑』出版記念の集い (短縮版)
http://www.youtube.com/watch?v=BUkcOta8Exw

埼玉:奥秩父で山開き 和紙の切幣まき登山の安全祈る

http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000001206040004

◇和紙の切幣まき 登山の安全祈る

 奥秩父山系の山開きが3日、秩父市の霧藻ケ峰(1523メートル)山頂で開かれた。秩父山岳連盟などの主催で、雨の中、県警山岳救助隊ら関係者280人が参加。和紙を1センチ角に切った切幣(きりぬさ)をまいて、山の安全を祈った。

 同山系は、埼玉、東京、山梨、長野の4都県にまたがり、三宝山(2483メートル)や甲武信ケ岳、雲取山など標高2千メートル級の山々がある。2010年夏には、同市大滝の山中で滝つぼに転落した登山者を救助中に県防災ヘリが墜落する事故があり、機長や県防災航空隊員ら計5人が亡くなっている。 (2012年06月04日)

※各地で山開きが続いているようですが奥秩父の山開き。記事で書かれている「和紙を1センチ角に切った切幣(きりぬさ)をまいて、山の安全を祈った」の部分には小川和紙・細川紙を使ったのかなと想像してみたり。

【関連情報】 : 神社人 – 神社用語(切麻)