土佐和紙 « 和紙の瓦版

和紙の職人.com

和紙の職人.com 和紙の瓦版 全国の和紙処 和紙のイベントカレンダー 和紙のリンク集 和紙について ご挨拶 お問い合わせ 賛助会費について 和紙の伝言板
和紙の瓦版 ~全国の和紙に関するニュースやイベント、ブログ情報を紹介~

2012年7月4日

福井:犠牲者追悼、和紙のハスで冥福祈る 南越前・歓喜寺、被災地へ

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , , — wanoshokunin @ 11:59 pm
  1. 福井:犠牲者追悼、和紙のハスで冥福祈る 南越前・歓喜寺、被災地へ
  2. 「フォブコープ エンテーゼ」、夏を彩る国産の線香花火を発売
  3. 高知:土佐和紙で観光振興を
  4. 高知:高知の楮を主体の和紙「大濱紙」の作品展

少し和紙とは話がずれますが、越前和紙ではすを作って被災地の慰霊をするとのニュースを見て。先だって「復興予算4割使われず 23年度、想定通り進まず」という記事がありましたが、結局のところ事務次官会議がなくなった時点でこのような結果になるのは予想はできていたのですが……。まぁ、各省庁からの要望の提出期限が過ぎてから復活はしたみたいですが、ああやっぱりそうなりましたかと。。。何よりも早い復興を望みたいところです。


Read more »

2012年6月4日

高知:土佐和紙 咲き誇り 浜田さんオブジェ展示

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: — wanoshokunin @ 10:01 pm
  1. 高知:土佐和紙 咲き誇り 浜田さんオブジェ展示
  2. 大阪:あかりに思いを:キャンドルナイト オリジナルろうそく立て

先だって、とある討論番組をネット上で見ていました。その時にある意味、感慨深く、かつ意味重く受け止めた場面がありました。それは「“新しい”という価値観を良いことであるということを前提にして物事を考え始めたのは明治維新からだ」との発言をある方がしたことでした。


この言葉は常々、吹聴していることなのですがこれが“公”の立場で出てきたことについてはちょっと驚きました。時代がだいぶ変わってきたなと実感。


そういったスタンスを持っているため、実は「伝統とは革新の歴史だ」と発言されている方。良く目に、耳にするのですがちょっと時代のポイントからずれてきているのかなと感じることが増えてきています。そのずれ方の核心は「古典を知っているかどうか」ということ。残念ながら「あっ、この人古典の素養を持っているな」と感じた方で「伝統とは革新」の言葉を使う方は存じません。


Read more »

2012年5月26日

岐阜:節電の夏に水うちわ 今年は多めの800本

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , — wanoshokunin @ 9:52 pm
  1. 岐阜:節電の夏に水うちわ 岐阜市で生産、今年は多めの800本
  2. 佐賀:手織り佐賀錦後継者育成へ 体験会に40人
  3. 高知:土佐和紙インストラクター養成講座

そろそろジンワリと初夏の暑さに汗が流れ始める時期。今年の夏は西日本は平年並みか平年より暑いとのこと。個人的には夏は夏らしく冬は冬らしくと言ってはいるものの、湿度の高い暑さは苦手。特に関西圏は毎年湿度の高い暑さが続くので今年も大変そう。そう考えるとエコグッズは沢山売れる見込みはあるのでしょうね。


Read more »

2012年5月14日

鳥取:因州和紙版画四季の彩り

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , — wanoshokunin @ 10:10 pm
  1. 鳥取:因州和紙版画四季の彩り
  2. 岐阜:「和紙に込めた光たち」 美濃の和菓子
  3. 高知:若山楮 今年から「もう最期のてこ入れ」的な態勢で始まった

岐阜の美濃市で開催されている展覧会「和紙に込めた光たち」。物凄く評判良いです。そこで出品されている倉美紀さんのブログでひとつひとつの作品の背景を物語っています。非常に良い記事ですので是非ご覧ください。


Read more »

2012年4月26日

高知:土佐和紙 ちぎり絵展

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , , — wanoshokunin @ 10:52 pm
  1. 高知:土佐和紙 ちぎり絵展
  2. 石川:和紙でミニ五月人形 加賀の理容店 来客を楽しく出迎え
  3. 岐阜:「和紙に込めた光たち」光の切り絵・酒井敦美&和紙スイーツ・倉美紀の二人展
  4. 岐阜:第0回 美濃和紙まつり

今日から始まった“「和紙に込めた光たち」光の切り絵・酒井敦美&和紙スイーツ・倉美紀の二人展”。まだ最新のニュースなどは紹介されていませんが、かなり話題となる展覧会かなと思います。見の周辺に行く予定のある方は是非、足を伸ばして見てはいかがでしょうか。


Read more »

2012年3月10日

石川:金沢和傘 しいのき迎賓館で作品展

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , , — wanoshokunin @ 10:57 pm
  1. 石川:金沢和傘 しいのき迎賓館で作品展
  2. 徳島:那賀の工芸品一堂に 徳島市木工会館、14日から企画展
  3. 高知:楮栽培と紙漉。一直線の先に

昨年の今日。“上海に越前漆器の常設店舗 県の販路開拓支援で実現”という記事を紹介していました。そして11日は福島: 遠野和紙作り手育つ 85歳、弟子3人に技伝授を紹介していました。あれから一年。震災後、自分でもそれどころではないと一週間ほど更新をお休みしました……。明日は日曜ですので瓦版は通常通りお休みではありますが、あれから一年。色々と重い一年であった方々は多いのでしょう。心から被災者の方々に、これから少しでも光が見えてくることになりますよう祈念いたします。


Read more »

2012年3月9日

高知:手漉き職人+工芸作家 和紙の芸術展

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , , — wanoshokunin @ 10:51 pm
  1. 高知:手漉き職人+工芸作家 和紙の芸術展
  2. 埼玉:「凧の会」3畳分の大凧製作
  3. 神奈川:白龍の舞 白龍の頭と尻尾を一新

今年の冷夏は南米ペルー沖の海面水温が低い状態「ラニーニャ現象」が原因だったとのこと。その状態も収まり、今月下旬からは気温がかなり上がってくるとのこと。どうやら桜の便りが届くと一気に満開へと進みそうな気配です。手漉きの和紙作りからするともうちょっと今ぐらいの気温が続いてくれるとありがたいのでしょうが、やはり春は待ち遠しいです。


Read more »

2012年3月8日

愛知:和紙の里 コウゾ栽培復活

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , , — wanoshokunin @ 11:29 pm
  1. 愛知:和紙の里 コウゾ栽培復活
  2. 高知:高知県いの町 蒸し芋「からいも」
  3. 千葉:東京ドイツ村で親子参加型イベント「…和紙アート」開催
  4. 東京:千住名物「旅人の江戸みやげ」
  5. 岐阜:美濃和紙の道具一堂に 美濃市で展示、工程の映像も

小原和紙さん。今年から地元での楮作りを始めるとのこと。この楮作り。通常の楮作りと違って、「耕作放棄地に里山の景観を」とのテーマがあるとのこと。楮は森林と集落の間、つまり里山を象徴する作物のひとつです。「里山」に対しての意識が高まっている中、その里山をひとつの切り口として楮作りをはじめているのは非常に貴重な展開だと思います。これからしっかりと継続されて里山の風景となってもらいたいものです。


Read more »

2012年2月23日

島根:松江市・和紙てまり 花びらまで、繊細ちぎり絵

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , , — wanoshokunin @ 11:13 pm
  1. 島根:松江市・和紙てまり 花びらまで、繊細ちぎり絵
  2. 新潟:いい湯らてい入館者に「大谷地和紙紙漉き見学」
  3. 高知:土佐和紙発展の貢献者を紹介する企画展

和紙灯かりの用途として温泉旅館の灯かりがあげられることがあります。「和」の風情を生かす灯かりとして確かに評判の良いジャンルだと思います。しかし考えてみると、その温泉旅館との和紙のコラボ、特に和紙漉き体験などとの絡みはあまり聞かない気がします。早めにチェックインした宿泊の方などは時間を持て余したりということもあるのを考えると、温泉旅館オススメコースみたいなものに紙漉き体験など加えてみても良いのかも。そういったお客さんの多い土日は休みたいという部分はあるかと思いますが、ひとつのヒントなのかも!?


Read more »

2012年2月18日

高知:廣瀬製紙 伝統和紙からハイテク最前線へ

カテゴリー: 和紙ニュース — タグ: , , , , , — wanoshokunin @ 11:16 pm
  1. 高知:廣瀬製紙 伝統和紙からハイテク最前線へ
  2. 秋田:十文字映画祭が開幕、ファン続々 永島さんら裏話披露
  3. 島根:コシのある和紙を 冬場の作業続く、松江
  4. 岡山:阿智神社秋祭り ミニ和紙人形で表現

「和紙」となるとどうしても“紙”のイメージに囚われがちの部分があるのかもしれません。実際、“紙”としての利用が圧倒的な多数ですので仕方がないのですが、もっと幅広く視野を持っても良いのではという気がしています。例えば、農業へ漁業へのフィードバック。また、その技術を活かしての他分野への展開。言うは易く、行うは難しですが、常にその視野を持つことで新たな地平は生まれてくるものなのかとも思います。


Read more »
古い投稿 »